歯が汚れると口臭になる?

未分類

歯が汚れると口臭になります。 タバコのヤニ、歯垢、着色汚れなど様々な汚れがあります。 汚れは雑菌を繁殖させ、口臭の原因となります。

歯磨きをあまりしない、あるいは、歯磨きをしても適当で磨き残しがあると、汚れが積み重なって歯垢となり、雑菌の巣となります。 とくに、歯と歯の間の汚れは磨ききれずに残ることが多いものです。 ですから歯石は歯と歯の間にできやすいのです。

歯石が溜ると歯茎から出血しやすくなります。 血が出ると、口臭に血の匂いも加わります。 また、歯茎の炎症を抑えるための白血球などの炎症細胞が集まり歯茎が腫れ、浸出液が滲みだしてきます。 さらに、進行して歯槽膿漏ともなれば、膿が出てくるようになり、一層口臭がひどくなります。

歯の汚れに加え、唾液の分泌量が少ないと口臭が強くなります。 唾液には殺菌作用もあり、細菌の増殖を抑えますので、唾液の分泌量は重要です。 また、同じ口の中に合っても、歯は磨いても舌を磨く方は少ないようです。 舌には舌乳頭という突起が多数あって、舌苔が繁殖しがちです。 歯の汚れは舌の汚れにもなりますので、舌磨きも大切です。

歯の汚れが口臭になる原因

未分類

着色や食べかすなどにより歯が汚れると、やがて歯石となり、歯垢や細菌が繁殖し口臭の原因となります。 喫煙やコーヒー、紅茶などは着色しやすく、なかなか落ちません。 歯石はブラッシングで落とすことは難しく、ますます食べかすが付きやすくなります。 症状が進むと虫歯や歯周病を引き起こします。

虫歯は磨きにくいところ、歯と歯の間などに発生しやすく、初期の段階では気づきにくいものです。 悪化するほど食べ物は詰まりやすく、さらに磨きにくくなります。 表面はそれほどではなくても、中まで腐敗は広がり、悪臭を放つようになります。 歯周病も歯石などが起因となり、歯周病菌が歯と歯茎の間から入り込み、歯周ポケットが深くなります。 そこに細菌や食べかすが入り込み、口臭を放つようになります。

ブラッシングで出血しやすくなると、血の臭いまで混じるようになり、さらに進行して歯槽膿漏ともなると、膿の臭いまで混じり、口臭はますますひどくなります。 歯磨きの仕方が悪かったり、歯並びが悪いためにしっかりと磨けない場合など様々なことがありますが、定期的な歯科受診で汚れを取ることが大切です。

歯をクリーニングすれば口臭予防

未分類

虫歯や歯周病は治療すれば治せますが、治療した歯には段差やわずかな隙間があり、そこに食べ物が詰まりやすく、細菌も入り込みやすくなり、再発の可能性があります。 それを防ぐためには、ブラッシングなどの日頃のセルフケアと歯科の定期受診です。

歯の磨き方が悪かったり、忙しく面倒でしっかり磨けなかったりしても、定期的に受診すれば、口腔内の状態の確認と歯のクリーニングもできます。 クリーニングをすることで、早期の着色や歯石の除去ができますので、虫歯や歯周病の予防となり、口臭の予防ともなります。

毎日の歯磨きをしっかりやっていても、磨き残しがあります。 歯並びが悪いと、磨ききれない部分があります。 喫煙やコーヒーや紅茶などによる着色や汚れはセルフケアで落とすのは難しいものです。

歯科医院でクリーニングを行うことにより、普段取り切れない汚れや着色を落とし、細菌も除去されますので、口臭も少なくなります。 歯も白く、つるつるになり気持ちの良いものです。 すべて自分でしようと考えるのではなく、できないところはプロにお願いするという気持ちも大切です。 歯磨き粉でホワイトニング ステインを落とす歯磨き粉 歯のヤニ取り ステインを除去する歯磨き粉 ヤニ取り歯磨き粉

ページの先頭へ